WebCMは自社商品の認知拡大、及び視聴者の記憶定着に有効です。動画は静止画に比べ4.8倍視認性が高く、複数の媒体で何度も視聴してもらうことで内容を視聴者の記憶に定着させられます。YouTube広告をはじめ動画専用の広告枠が増えている近年、狙いたい新しい顧客へリーチするためにWebCMを打つ企業が増えています。エレファントストーンでは、広告効果を最大化させる動画の制作に限らず、広告配信まで一貫したサポートが可能です。

FEATURE

  • ブランドの認知拡大に寄与し、消費者の記憶に定着させられる 01

    動画は映像と音で訴求でき、情報量が多いため視聴者の記憶に定着しやすいのが特徴です。テキストと静止画で構成された記事に比べ、動画の方が2倍記憶定着率が上がるというデータもあります。さらに、消費者にYouTubeやSNSといった複数媒体でWebCMを視聴してもらう接点を増やすことでより自社商品が記憶されやすくなり、商品購入の際に検討候補に入れてもらいやすくなります。

    動画は映像と音で訴求でき、情報量が多いため視聴者の記憶に定着しやすいのが特徴です。テキストと静止画で構成された記事に比べ、動画の方が2倍記憶定着率が上がるというデータもあります。さらに、消費者にYouTubeやSNSといった複数媒体でWebCMを視聴してもらう接点を増やすことでより自社商品が記憶されやすくなり、商品購入の際に検討候補に入れてもらいやすくなります。

  • 静止画バナーよりも広告のパフォーマンス向上が見込める 02

    動画は静止画に比べて4.8倍視認性が高く、3.1倍購入促進に繋がるというデータがあり、WebCMは認知拡大、宣伝、行動促進に役立ちます。また、動画広告を最後まで視聴したユーザーにリマーケティング配信を行うことができ、クッキー規制への対応にも有効です。静止画バナーよりも認知拡大やウェブサイト遷移といった効果が見込め、広告全体のパフォーマンス改善を行う打ち手として使えることもWebCMの魅力です。

    動画は静止画に比べて4.8倍視認性が高く、3.1倍購入促進に繋がるというデータがあり、WebCMは認知拡大、宣伝、行動促進に役立ちます。また、動画広告を最後まで視聴したユーザーにリマーケティング配信を行うことができ、クッキー規制への対応にも有効です。静止画バナーよりも認知拡大やウェブサイト遷移といった効果が見込め、広告全体のパフォーマンス改善を行う打ち手として使えることもWebCMの魅力です。

  • 新たなターゲット層へのアプローチができる 03

    近年、動画でないと出稿できない広告枠が増えています。例えば、YouTube動画の開始時や再生中に入り込む動画広告にはフォーマットに適合した動画が必要です。各プラットフォームでリーチできる層は異なり、ユーザーが検索したキーワードやフォローしているアカウントを元に任意のターゲットへ直接配信が可能です。つまり、新しい媒体でWebCMを配信すると、狙いたい新たな顧客の獲得に繋げられます。

    近年、動画でないと出稿できない広告枠が増えています。例えば、YouTube動画の開始時や再生中に入り込む動画広告にはフォーマットに適合した動画が必要です。各プラットフォームでリーチできる層は異なり、ユーザーが検索したキーワードやフォローしているアカウントを元に任意のターゲットへ直接配信が可能です。つまり、新しい媒体でWebCMを配信すると、狙いたい新たな顧客の獲得に繋げられます。

STRENGTHS

WebCMに合わせた
構成と企画を考案
弊社でWebCMを制作する際、初回ヒアリングからマーケターが同席し、商材やターゲット属性を理解し、配信媒体の特性に合わせた映像の要件に落とします。例えば、YouTubeでSaaSサービスの宣伝を行い認知拡大をしたい場合、想定ターゲット層の課題を複数パターン整理し、開始5秒以内で課題訴求を行うといった要件を考案します。その上で、WebCMの豊富な実績があるディレクターが要件を満たす複数企画を提案・作成します。
各プラットフォームに合わせた
尺や縦横比に合わせて納品
ユーザーを引きつけるWebCMに仕上げるべく、配信媒体に合わせて1本の動画を最適な構成・フォーマットに整えて複数パターン納品できます。同じ媒体でも広告枠によって、視聴されやすい構成や動画の長さ、縦横比は異なります。また、SNS向けの1分以内の動画を複数制作する際には「ヒトテマ」で1本3万円〜制作した映像の再編集や、ご支給いただく画像やイラスト素材を基に一から制作することも可能です。
YouTubeやSNSでの
広告配信までサポート
弊社が制作した動画を用いて、認知や行動を狙う広告配信代行サービスも行っています。映像制作と広告運用を一貫して対応するサービス「OTAKEBI」では、WebCMを届けたい層の性年代や興味関心に合わせて、YouTubeやTwitter、Facebook、Instagramなど最適な媒体・広告戦略をご提案しています。広告配信の結果を分析し、映像と広告それぞれの改善も迅速に対応することで、動画の持つ訴求力を最大限に発揮します。

STRENGTHS

STRENGTHS

FLOW

  • 01
    お問い合わせ
    お問い合わせフォームもしくはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。
  • 02
    ヒアリング
    担当プロデューサーが、ご依頼いただいた背景や解決したい課題、映像イメージを丁寧にヒアリングします。
  • 03
    最適メンバーの
    アサイン
    活用用途やお客様の業界に精通し、最適なクリエイターをアサインして、プロジェクトチームを発足します。
  • 04
    ご提案
    ヒアリングさせていただいた内容や予算感、スケジュールに応じて、複数の企画をご提案します。
  • 05
    制作
    お客様の想像を超える映像に仕上がるよう、制作過程でお客様に確認いただきながら、撮影・編集を行います。
  • 06
    納品
    ご要望のフォーマットで納品します。DVDやBlu-rayなどメディアによる納品にもお応えしますので、お気軽にご相談ください。
  • 07
    運用
    ご要望に応じて、完成した映像を世の中に届ける広告運用まで対応可能です。

ARTICLE

FAQ

  • FAQ
    01
    Q

    長尺版を制作し、短尺版にもまとめていただきたいのですが可能ですか?


    A

    もちろん可能です。ウェブトップやYouTubeチャンネルに掲載する数分尺の動画を制作した上で、広告用に15秒/30秒版の制作が可能です。また、例えばInstagramストーリーズ広告向けに縦長にリサイズしたり、あらかじめ撮影時に縦長用のカットを撮影しておくといった対応もできます。お客様のご要望に合わせ、柔軟にご対応いたしますのでご要望をお伝えください。


  • FAQ
    02
    Q

    WebCMの配信媒体の選定も依頼できますか?


    A

    可能です。すでに想定されている配信媒体に追加して、商材やユーザー層と相性の良い媒体をご提案することができます。また、広告配信代行サービス「OTAKEBI」と絡めた提案も可能です。例えば、本編を掲載したウェブページに集客するために、ダイジェスト版をYouTubeやSNSで配信するといったご提案もできます。WebCMを一人でも多くのターゲット層に届けるべく、広告代行の面からサポートすることも可能です。


  • FAQ
    03
    Q

    具体的な内容が決まっておらず、企画から一緒に考えて欲しいのですが……


    A

    もちろん可能です。具体的にどのようなWebCMを作りたいのか決まっていない場合も、まずはお気軽にご相談ください。弊社はお客様の想いに寄り添い、映像という形にすることを大事にしております。お客様へのヒアリングや商材や競合に関する入念なリサーチを行い、その上で目指したい動画のイメージ、ご予算内でできる企画をご提案します。


  • FAQ
    04
    Q

    WebCMの費用はどのぐらいかかりますか?


    A

    撮影の有無や、CGの有無、動画の尺などによって大きく費用は変動します。安価なものでは50万円から、大規模な撮影やCG合成を行い、ビジュアル・演出を作り込むのであれば300万円以上になることもあります。ご予算と想定している動画などをお伝えいただければ、予算に合わせて松竹梅の3つの価格帯で企画をご提案させていただきます。


  • FAQ
    05
    Q

    商品を実写撮影した動画を作りたいのですが、出演者やスタジオを用意してもらえますか?


    A

    はい、可能です。商品のブランドやお客様の目的に合わせて、パートナー企業と連携して手配いたします。まずは、どのような印象を与えるWebCMにしたいのか、漠然としたイメージでも問題ありませんので、お客様の抱く完成イメージをお聞かせください。お客様の抱くイメージに合った出演者やスタジオをご提案します。


  • FAQ
    06
    Q

    広告配信って、具体的にどんなことをしてくれるのですか?


    A

    映像の企画段階から詳細なターゲット設定を行い、配信媒体で想定ターゲットに見てもらい、行動に移してもらうまでの戦略立案を行います。その上、広告運用や月初のレポート作成、改善案のご提案まで一貫してお任せいただけます。


    配信媒体については、YouTube/Facebook/Instagram/Twitterなどから、お客様の商材やWebCM制作の目的を考慮にいれ、最適な媒体を選定させていただくことも可能です。詳しくは、OTAKEBI紹介ページもご覧ください。


OUR CLIENTS

簡単お問い合わせ